共同購入クーポン(事前購入クーポン)

最近よく聞く”共同購入クーポン”(事前購入クーポン、買うクーポンなどともいわれています)。「90%割引!」などという、大幅ディスカウントをうたい文句に最近急速にその利用が広がっていますが、一体どのようなものなのでしょうか?

例をあげた方がわかりやすいと思いますので、1つ例をあげてみます。共同購入クーポンとは、「24時間以内に30人の購入希望者が集まれば、30000円のディナーコースが60%割引の12000円になるクーポン」といったように、”一定の時間内に一定の希望者が集まった場合に、その希望者に提供される大幅なディスカウント”をいいます。指定された時間内に希望者が一定数に到達しなければ不成立となり、クーポンは提供されません。

なぜ大幅割引が提供できるのか?

共同クーポンで提供されるものは、食品・嗜好品・服飾品といった商品から、グルメ、ホテル・旅館の宿泊、スクール、エステなどのサービスまで、さまざまあります。こういった商品やサービスの売り手は、通常、その商品やサービス(を提供できる体制)を事前に準備した上で、販売をしています。つまり「どれだけ売れるか売ってみないとわからない」状態で商売の準備をするのが通常です。

ところが、共同・事前購入クーポンでは販売の前に購入希望者を募るため、売り手側は「この値段であれば、何人の購入希望者がいる」ということがわかった上で、商品やサービスの準備ができます(希望者が集まらなかったら、そのクーポンは不成立となるので、販売する必要はない)。

これは販売者側にとっては大きなメリットです。売れる数がわかっていれば、必要数をまとめて仕入れることで仕入れ価格を下げることができますし、在庫や余剰原材料・人員を抱えるリスクもありません。つまり販売者側からみると、「この数の販売数があれば、この程度の割引を提供してもメリットがある(利益をとれる)」という計算の基に、商品・サービスを提供できるわけです。

これが大幅なディスカウントが提供できる一番の理由です。「この数売れるなら、この価格で提供できますよ」という売り手と、「この価格なら買いますよ」という買い手のマッチングによって成り立っていると言えるでしょう。

グルーポン系といわれるクーポンサイト

このような共同購入クーポンの情報を日々提供するサービスを始めたのが、グルーポン(GROUPON)です。

共同購入自体は昔からある概念で、以前から企業による共同購買などは行われていましたが、インターネットを利用し、大人数の一般消費者と、商品・サービスの売り手を結びつけたという点が新しいといえるでしょう。

グルーポンの出現により、同様のサービスをインターネット上で提供するサイトが山のように現れ、現在は国内だけでも100以上あるといわれています。

免責事項

本サイトに掲載されている情報については、誤りがないよう注意を払っておりますが、情報の正確性について保証するものではございません。店舗の所在地や取扱商品に誤りがあった場合も一切の責任を負いかねますので、ご了承お願いいたします。