ゲームパソコンの選び方

ゲームPCを選ぶ上で重要なポイントとしては、次の3つがあります。

@CPU
 コンピュータの中央処理装置。パソコン全体の処理能力に関わる重要パーツ。

Aグラフィックカード(ビデオカード)
 グラフィックなどを画面表示するための処理を行うパーツ。特に、3D表示が必要なゲームパソコンでは重要な要素。

Bメモリ
 CPUの記憶(作業)容量。大きい方が処理速度が速くなる。

人気BTOパソコンのゲームPCであるガレリア(ドスパラ)やG-Tune(マウスコンピューター)などのページを見ると、@CPUとAグラフィックカードのスペックを基に製品分類が説明されており、特にこれらの要素が重要であることがわかります。

これら2つの重要パーツについて、ゲームパソコンとしてお考えの方へおすすめするスペックは次の通りです。根拠を知りたい方は、下にあるそれぞれの説明をご参照ください。

CPU グラフィック
カード
とにかく性能重視 Intel Core i7 3930K,3960X NVIDIA GeForce
GTX580 SLI
コストパフォーマンス
重視
Intel Core i7 980,980X or 2600/2600K NVIDIA GeForce
GTX460/470/550/560

※2012年2月17日時点のおすすめです。

CPUの性能比較

下記のサイトに、パソコンに搭載されている主なCPUのベンチマーク(性能比較)データが載っていますので、ご覧ください。

 参考:CPUの性能比較

「Intel Core i7 950 3.07GHz」「AMD Phenom II X6 1090T」などと書いてあるのが、CPUの製品名になります。"Intel"と"AMD"はメーカー名で、現在はこの2つのメーカーがCPUの主流をにぎっています。

"Core i7"や"Phenom II"と書いてあるのが、その製品のシリーズ名で、シリーズ名の後に書いてある"950 3.07GHz""X6 1090T"などの数字がその製品シリーズの中でのグレードを示しています。細かいことはさておき、数字が大きいほどハイスペックになるのが一般的です。

現在、性能上位を占めているのがインテルのCore i7シリーズで、その中でも3930K,3960Xが最高性能を誇っています。これらを搭載したゲームパソコンが売られ始めており、とくかく性能を求めるなら3930K,3960Xがいいと思います。

一方、コストパフォーマンスを重視する方に断然おすすめしたいのがIntel Core i7 980 or 980Xです。2600シリーズもおすすめです。

Core i7 2600(2600K)の性能は980〜990Xと比べてもそん色ないレベルにありますが、価格は980〜990Xよりもかなり安くなっています。BTOショップのゲームPC標準モデルにも搭載されてきており、おすすめできるCPUです。

グラフィックカードの性能比較

下記のサイトに、グラフィックカードの性能比較データが載っていますので、ご覧ください。

 参考:グラフィックカードの性能比較

グラフィックカードは、NVIDIAとATIの2つが主流メーカーで、BTOショップでは「NVIDIA GeForceシリーズ」もしくは「ATI Radeonシリーズ」のどちらかが使われていることがほとんどです。

個人的には、ゲームPCにはNVIDIA GeForceシリーズがおすすめです。ATIは動画などには強いのですが、3Dを含むゲーム用途ではNVIDIA GeForceシリーズが強いと言われているからです。

現状、最高性能を誇っているのがNVIDIA GeForce GTX590なのですが、さらに性能を求めるのであればGTX580SLIなどのSLI(グラフィックカードを2枚搭載し、並列処理を行う)セッティングのものを選ぶのがよいでしょう。NVIDIA GeForce GTX580 SLIは、値段は高くなりますが、性能的にはずばぬけます。

一方、コストパフォーマンスを重視するなら、NVIDIA GeForce GTX460, 470をおすすめします。ゲームPCの標準モデルによく使われているもので、性能とコストのバランスはよいと思います。

スペックによるゲームパソコン検索

下記のリンク先に、スペック毎に分けてゲームパソコンが掲載されているので、求めるスペックのパソコンがすぐに探せます。

 ドスパラ:ゲームパソコン一覧

免責事項

本サイトに掲載されている情報については、誤りがないよう注意を払っておりますが、情報の正確性について保証するものではございません。店舗の所在地や取扱商品に誤りがあった場合も一切の責任を負いかねますので、ご了承お願いいたします。